福島はまだ復興していないのか?復興税とその中身

 
福島の復興が叫ばれて久しいです。まだまだテレビなどでは福島と言えば復興復興と言ってきます。

世の中ではすでに復興という言葉に飽きている人もいるのは事実でしょう。

その半面、福島でまだ仮設住宅に住まわれている方もいるとか。非常に難しい問題です。しかし日本国民は未だに復興税を払っていていつそれは終わるのでしょうか?

復興税とは何か?


復興税、復興税と言われる割には余り知られていない復興税。

その中身を見ると
・所得税*2.1%→2013年(平成25年)1月1日からの25年間
・住民税 1000円上乗せ→2014年度(平成26年度)年度から10年間
・法人税 税額の10%を追加徴収→2012年(平成24年)4月1日以降から始まる事業年度からの2年間

やや複雑な形式になっています。
注目スべきは所得税が25年間も2.1%も上乗せされるということです。異常な話ではないでしょうか。

住民税は住民税を払っている人達一律で1,000円で1,000円が惜しい人もいれば、どうでもいい人もいるはず。これも酷い措置です。

さらに問題なのは法人税は減税した上で2年間の追加徴収という点ですね。もう震災という大災害に乗じて政府はやりたい放題です。

復興税は何に使われているのか?


名目的には震災の復興に関わること以外には使ってはいけない法律になっています。ただしそれは嘘で、

成人書籍の電子化や地方アイドル、無人島への防潮堤工事など復興とは関係の無いまたは薄い事業や自治体などに税金が流用されていることが発覚している

いつものように訳のわからないことに使われているのはご存知でしょうか?

またメディアなどでよく除染作業というものがやっていますよね。これも復興事業です。公共事業のようなもので請け負う業者がいるのですがこれが反社会的勢力と繋がっていてとんでもないピンはねをして正業がない人をこき使っているという噂が絶えません。

大手ゼネコンも関係していてその他の事業も一番上でピンはねをして復興事業を下に流しているようです。

これは皆さんの税金から成り立っていることでありひどい話です。復興事業にかこつけて死ぬほど儲けている連中がいるのです。

そう言えばこんな話を聞いたことがないでしょうか?
「福島や仙台は復興事業が始まってから景気がとても良い、外車が多くなって、パチンコ屋も繁盛している」

外車を乗り回しているのは復興事業に携わった業者ではないかという話です。確かに国がデタラメな費用で支出しているし仕事は多く有るし業者は儲かったでしょう。震災直後だったので放射線の危険性もあったに違いありません。しかし危険性で言えばそのリスクを負ったのは実際に除染作業などをした作業員の人達です。別に事業を行っている人々やゼネコンの本社の人々が震災後のリスクを負った訳ではありません。

震災後に福島にいるということはかなり危険性があったことです。例えば福島第一原子力発電所所長であった吉田昌郎氏は2011年11月にガンが発覚してその後2013年7月に亡くなっています。まだ58歳だったそうです。※震災は2011年3月

明らかに震災後の疲労ややはり放射線の影響があったと思わずに入られません。実際には分かりませんが。

ですから震災後に原発近くで働くなんてとんでもないことだったのです。私も行こうとしましたが家族に止められました。
その時に行っていたら今頃こうして生きていなかったかもしれないのです。

いつまで日本人は黙っているのか?


現在のように増税に次ぐ増税がなされていてるのにもかかわらず日本人はいつまで黙って耐え忍ぶのでしょうか。
政府に反対すると「お前は共産党か」「お前はパヨクだ」などと心無いことを投げかけられたりします。

政府に反対することがなぜ共産党や左翼なのでしょうか。意味が分かりません。

そうやって政府を甘やかした結果が今の安倍政権の移民法に繋がっていると言えます。
これにはさすがに安倍応援団も反対しているようですがいまさら感が拭えませんね。

「これは移民法ではない」と安倍さんが国会で連呼しているようですが永住までできる法律を通そうとしているのに何が移民法じゃないんでしょう。

せっかく日本に働きに来ても良い仕事はありません。日本は世界でも有数の低賃金労働で先進国ではトップの方でしょう。
日本人でも5人に1人は貧困層で資産も収入もないのだそうです。
年収が200万円にも満たないのにフルタイムで働いて子供もいるシングルマザーも多いそうですよ。

こんな国にしたのは日本政府であり、国民の方にも問題があるでしょう。
今フランスでは暴動が起こっているようですが日本もそういった過激な反対運動が起こる可能性は今後あるのでしょうか。

非常にそれには懐疑的であり、確かに暴動のようなものが起これば問題は解決するわけではないですがこのままでは政府は野放しでいい気になってやりたい放題です。

彼らに考えさせる必要があるし、政治家は全く当てになりません。「安倍さん以外に誰がいるんだ?」と抜かしている連中が考えるのと事態は全く逆の方向へ向かっています。

今更安倍政権の”移民法”に反対してるようですがだったら最初から応援すんなよって思いませんか?彼らは理解不能な連中でありそもそもファクトベースにモノを考えることができないかわいそうな人達なのです。

安倍さんならきっと自分たちの理想の政治をやってくれる、それに近いことをやってくれるんだと妄想していた割には何一つ実現していないところを見ると完全にご愁傷様ですと言いたいですね。それでも「信者たち」はまだ安倍政権に希望を持っていて、反対意見や批判については「アベガーだ!」とレッテル張りをして議論しようとしません。

日本はもはやこれまでです。

皆さんはもう車を売って、家を売って日本から出ていく準備をしてみてはいかがでしょうか?

車買取 福島